浜松まちなかにぎわい協議会

自分たちのまちは、自分たちの手で
「浜松まちなかにぎわい協議会」は、まちなか活性化に向けた民主体組織です。

組織について

  • HOME
  • 組織について

浜松まちなかにぎわい協議会の設立

自分たちのまちは 自分たちの手で

イベント活性化

  • ■既存のイベント支援や一元的なスケジュールの集約などのサポート
    例:イルミネーション、ストリートコンサート、定期演奏会等
  • ■独自のまちなかイベントの実施
    (定期的な農産物や水産物市等の開催、自主イベント等)

まちづくり

  • ■文化、商業、飲食との連携によるまちなかの魅力づくり
  • ■観光資源の発掘、開発

公共空間活用

  • ■公共空間や空き地、空き店舗等の有効な活用支援
<主な活動エリア>
地図


 
コワーキングスペースの運営
まちなかイベントのサポート
名称 浜松まちなかにぎわい協議会
設立 2010年4月12日
役員 遠州鉄道、浜松商工会議所、浜松商店界連盟、浜松市、静岡銀行、浜松信用金庫、静岡新聞社・静岡放送、中日新聞社、浜松ターミナル開発、ザザシティ浜松、サゴーエンタプライズ、遠鉄百貨店、浜松中央地区駐車場組合、まちなか商業者委員会、浜松料理協同組合、浜松中央地区自治会連合会、遠州信用金庫、浜松市文化振興財団、アクトシティマネジメント、日管、丸八不動産、肴町発展会、大貫、間渕商店、ドルフィンキッズプロダクション
事務局 遠州鉄道、浜松商工会議所、浜松信用金庫、常勤4名(浜松市も協力)
一般採用正社員 1名
会員 59会員

 主な活動内容

ネットワークの拡大・強化とリーダーの発掘・育成

まちなかに関わる人たちとの関係強化
今まで構築してきたネットワークに関わる多くの人々が自立して活動できる態勢を整えられるよう支援していくなかで、『まちづくり』に積極的に携わるリーダーを育成していくとともに、新たなネットワークの拡大、強化を図りました。
詳細はコチラ

浜松まちなかマネジメント株式会社 概要

『浜松まちなかにぎわい協議会』の活動を維持する財源を確保するために

社名 浜松まちなかマネジメント株式会社
設立 2010年10月1日
資本金 610万円
株主 遠州鉄道㈱、浜松商工会議所、浜松商店界連盟、㈱ザザシティ浜松、サゴーエンタプライズ㈱、㈱遠鉄百貨店、浜松中央地区駐車場組合、㈱静岡銀行、浜松信用金庫、遠州信用金庫、㈲伊東商店、㈲大貫、㈱間渕商店、㈱ドルフィンキッズプロダクション
株式総数 122
役員 【代表取締役】 村松 修(遠州鉄道)
【取締役】 伊東 隆司(肴町発展会)
【取締役】 中村 皇積(大貫)
【取締役】 秋元 健一(ドルフィンキッズプロダクション)
【取締役】 石岡 靖雅(遠州鉄道・浜松まちなかにぎわい協議会事務局長)
【監査役】 小杉 和弘(浜松商工会議所)
【監査役】 御園井 智三郎(浜松商店界連盟)

常勤22名
(※2018年6月現在)

設立目的

「自分たちのまちは自分たちの手で」という意識で、民主体の横断的な組織連携を図り、行政の支援を仰ぎつつ、浜松市中心市街地の集客力を高め、活性化を進めることで、この地域の事業価値の向上と発展に寄与することを目的として発足された『浜松まちなかにぎわい協議会』は民間団体であり、持続的な活動を推進する財源を確保するためのいずれの契約行為も会長の個人無限責任となってしまうため事業活動ができない。

そこで、全国的にもスタンダードな手法である民間団体である協議会の活動を継続的に支える財源を確保するとともに自らも積極的に中心市街地の活性化を推進することを目的として『浜松まちなかマネジメント株式会社』を設立しました。

pagetop

〒430-0934 浜松市中区千歳町91-1 TEL.053-459-4320 / FAX.053-459-6588
COPYRIGHT 浜松まちなかにぎわい協議会 ALLRIGHTS RESERVED.