浜松まちなかにぎわい協議会

自分たちのまちは、自分たちの手で
「浜松まちなかにぎわい協議会」は、まちなか活性化に向けた民主体組織です。

活動事例

  • HOME
  • 活動事例:浜松ブランドフードフェス

イベント支援事業飲食店の顧客開拓

浜松ブランドフードフェス

★★★

老舗飲食店で地元食材の魅力を再発見。
新しい「食の席/文化としての食」を提案。



 「浜松ブランドフードフェス」は、まちなかの老舗・名店が地元の食材を使っておもてなしの料理を提供するイベント仕立ての期間イベント。若手料理人が中心となって実行委員会(事務局/浜松まちなかにぎわい協議会)を組織するなど、積極的に取り組んでいる。
 また、料理の提供だけにとどまらず、市民イベントなどの会場に共同で飲食ブースを出店したり、市民広場に屋台を設置して屋外での飲食を楽しんでもらうなど、ネットワークを活用してまちなかのにぎわい演出にも貢献している。



TOPIC 1 「浜松街中おもてなし帖」の発行
老舗・名店の歴史や料理人を紹介する浜松の食文化が凝縮された一冊。

 浜松のブランド食材や逸品の紹介をはじめ、街中の老舗・名店を網羅、浜松の美味しいものガイドブック「浜松街中おもてなし帖」を発行。街歩き情報と合わせて浜松の美食マップとして活用できる。
 また、浜松への観光客の拡大を促すことを目的に、東京で開催されている「浜松やらまいか交流会」などでも配布され、浜松の食の魅力をアピールする冊子となっている。





TOPIC 2 「夜楽」を開催、食の新しい楽しみ方を提案
「知」と「味」を同時に楽しむ贅沢なひととき。大人のための「夜楽」を開催。

 各店が、それぞれのネットワークを活かして多彩なゲスト講師を招き、「知識」を吸収しながら老舗・名店の「味覚」を堪能する「夜楽」を開催。新たな試みとして、大人のための贅沢な時間を提案した。
 初回の「夜楽」は40講座が開かれ、約400人の参加者を集め盛況となった。主な講師・講座は、マジック研究家、作家、プロフットサル選手、噺家、農園経営者、フリーカメラマン、漁師、家紋の歴史、お座敷遊び、食べ物とアレルギーなど多岐にわたった。





TOPIC 3 「フードフェス屋台」出現
老舗・名店の味を身近に感じてもらうために、市民広場に自慢の一品を持ち寄り、お手頃価格で提供。

 有楽街の「わいわいやらまいか広場」に、老舗・名店がそれぞれ自慢の一品を持ち寄って「フードフェス屋台」を期間限定でオープン。街ゆく人たちに、気軽に老舗の味を体験してもらうイベントを開催した。
 また、目の前で料理人が直接調理するパフォーマンスも行い、料理人の技が披露された。訪れた人は、ビールを片手にできたての料理をテーブルに運び、音楽ステージに心地よい時間を過していた。

→ フードフェス屋台 動画


→ 浜松ブランドフードフェス サイト
 

pagetop

〒430-0934 浜松市中区千歳町91-1 TEL.053-459-4320 / FAX.053-459-6588
COPYRIGHT 浜松まちなかにぎわい協議会 ALLRIGHTS RESERVED.